書籍一覧

法華三部経シリーズ 第一巻

無量義経之要諦

「法華三部経 無量義経之要諦」

著者 釋 光成(しゃく・こうなる)

サイズ(mm):四六判(128×188)

頁数:208頁 ケース入り

価格:¥5,000(+税)    

  人生の幸不幸は心の豊かさで決まる
     その源泉は仏様であり法である


 現代の複雑な社会の中で心平らかに生きたいと願う人、心を磨いて人生を確かなものにしたいと決意する人、たくさんの人々が人生をよりよく生きたいと願っています。


 本書「無量義経之要諦」はそのような方々にぜひとも読んでいただきたい一冊です。法華三部経の中でもっとも重要とされる無量義経を研究・解説し、平易な言葉でわかりやすく仏様の言葉を伝えています。仏とは何か、法とは何か、神通とは何か…内容は無量義経の徳行品、説法品、十功徳品、の三章の解説によって構成されています。そして著者は人間として目標を持ち、心を磨き、仏様に近づく努力をすることが尊い生き方であるとやさしく説いています。

 本書の文章は誰にでもわかりやすく、手にとって読んでいただけるものです。 希望に燃える若者から人生の岐路に立ち思い悩んでいる人、とくに三十歳前後の人生を大切にしたいと思う女性たちに、光を与え自らも光り輝く人生を得られるという思いに導くものであると信じております。


 平易な現代語と美しいイラストで法華三部経の無量義経がはじめて明かされる快心の書です。