書籍一覧

法華三部経シリーズ 第三巻


妙法蓮華経之要諦二

「法華三部経 妙法蓮華経之要諦二」

  見寶塔品第十一〜法師功徳品第十九)

著者 釋 光成(しゃく・こうなる)

サイズ(mm):四六判(128×188)

頁数:504頁 ケース入り

価格:¥5,000(+税)   

 輪廻転生にはタイムリミットがある!

      釈迦仏が説く人類と地球の宿命とは?


 ますます混迷を深める時代の中にあって、現代に生きる私たちは、今の時代をどのようにとらえて、何を目標に定めて生きるべきなのでしょうか。


 既刊「妙法蓮華経之要諦一」では、妙法蓮華経が未来に向けてのお釈迦様の予告経であり、そこに至るまでの道程が記されたものであることが明かされていました。
 本書「妙法蓮華経之要諦二」は、妙法蓮華経の十一〜十九品でクローズアップされている「浄行時代」が今まさに私たちの生きている時代を示していることを明かし、お釈迦様が現代社会に向けて説かれたお教えを明快な筆致で解説したものです。そこには、人類と地球の宿命が明示され、今の時代の特性と時代を生き抜く智慧・力、目指すべき心のありようとはどのようなものであるかがはっきりと記されています。
 法華経の一言一句を通し、著者はお釈迦様のお教えを、わかりやすく、そして心の深いところにまで響き渡るような言葉で読者に伝えてくれます。読者は、時間と空間を超えて妙法蓮華経のご説法の景色の中に誘われ、滔々たる時代の流れと、また宇宙的な視野の広がりの中で、人間存在の意味について、そして仏様との語らいについて思いを深めることができるでしょう。

 

 よりよい生き方を求め、心に希求するところのある誰もが、本書をお読みになった後に、未来の世の中に向けて、今足下にある人生の確かな意味に確信を持たれることと信じております。

 

本書は、法華三部経シリーズ第一巻「無量義経之要諦」、第二巻「妙法蓮華経之要諦一」で説かれたお教えを、より具体的に、核心に迫ることばで敷衍しているものでもあります。

 シリーズ一、二巻とともに、ぜひお手にとってお読みいただきたいと願っています。